スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小御岳-金沢城山-日野沢古道

一昨日(17日)は新ハイキングクラブの山行に参加して、秩父・皆野町の小御岳(520m)-金沢城山(716m)-日野沢古道を歩いてきました。

コースは、皆野町の更木まで貸し切りバスで行き、そこから小御岳-金沢城山-風早峠と歩き、風早峠からは重木に下り、日野沢古道を重木-藤原-大神と歩いて秩父温泉・満願の湯までです。

出発地の更木の辺りは砂岩採石場で、山がどんどん崩されており、既に幾つかの山が消えている地域です。

また、日野沢古道は、古くは山間の集落を結ぶ生活道路だったのですが、既にその役割を終えた静かな道です。


朝7時30分に大宮駅東口に集合し、貸し切りバスで出発しました。

今回の参加者は34名です。

天気が良いので出かける人が多いのか(笑)途中渋滞もあって出発地の更木に着いたのは10時30分頃でした。

P_20180217_103740.jpg

直ぐに出発・・・・・・ではなく、先ずは近くのお宮に安全のお願いを。

P_20180217_104158.jpg

その後で、お宮の右側の道を小御岳へ向かいました。

P_20180217_104305.jpg


この辺りは砂岩採石場なので大型ダンプが通ります。

P_20180217_105948.jpg


雪の残った木橋などを通って小御岳へ。

P_20180217_112457.jpg


出発から1時間程で小御岳に到着。

P_20180217_115516.jpg

頂上には山名票はありませんでしたが、こんな石碑が祀ってありました。

近くには大木が根本から倒れていました。

P_20180217_115530.jpg

小御岳の頂上で昼食を摂りました。


昼食後、小御岳を下ると、カタクリの里がありました。

P_20180217_120415.jpg

季節柄人は見えませんが・・・。


車道を行くと別荘地がありましたが、金沢城山の登り口が分かりません。

適当な斜面を登って尾根に取り付きました。

P_20180217_122749.jpg


尾根を辿って金沢城山に到着。

P_20180217_125754.jpg

ここにも山名票はありませんでしたが、アンテナが建っていました。

でも、アンテナの根本近くに基準票がありました。

P_20180217_130016.jpg

金沢城山からの北西の眺めで、神流湖が見えました。

P_20180217_125701.jpg

こちらは北東です。

P_20180217_125714.jpg

しかし、金沢城山には山城があったとのことですが、そんな痕跡無いですねえ。


金沢城山を下り、風早峠です。

P_20180217_130924.jpg


風早山との分岐に到着。

P_20180217_132659.jpg

左に登って行けば風早山ですが、今回は右へ、重木へ下ります。


重木の入り口辺り?に観音様が祀ってありました。

P_20180217_135437.jpg

集落の中に行くと、地滑りの跡が。

P_20180217_142530.jpg

恐る恐る通過しましたが、この下の家の人はどうされているのでしょうねえ・・・


藤原に向かいます。

P_20180217_142714.jpg


日野沢古道を歩きます。

P_20180217_143131.jpg

この辺り、いい感じですが・・・

P_20180217_143627.jpg

この先、結構荒れた所があり、道は落ち葉に埋もれ、崩落しかかった所もありました。


やや苦闘(?)しながら藤原に到着。

P_20180217_150502.jpg


集落を抜けて大神に向かいます。

P_20180217_150702.jpg


藤原の外れに六地蔵さんが。

P_20180217_151209.jpg

いい顔されてます。


少し行くと、恵比寿、大黒様が祀られていました。

P_20180217_151622.jpg


更に行くと、天保時代の不動尊の碑が。

P_20180217_153529.jpg


大神に出ました。

P_20180217_155454.jpg

製材所の前でした。


目の前に武甲山が。

P_20180217_155629.jpg

今日、初めてみえました。

秩父じゃあ、この山を見ないとね(笑)


34番札所(水潜寺)方向へ。

P_20180217_155926.jpg

あとはゴールの満願の湯へ。


近くの家の庭に、ふきのとうが。

P_20180217_160439.jpg

福寿草も。

P_20180217_160458.jpg

もうすぐ春ですね。


満願の湯の近くで、ハンターが仕留めた鹿を捌いていました。

それを眺めていて、慌てて皆野町駐車場で待っている帰りのバス行ったら、ゴールの満願の湯の写真を撮るのを忘れました。

ゴールは16時40分頃でした。


約6時間10分、13.5kmのハイキングでした。

小御岳はあと数年で採石で消滅しそうですし、日野沢古道も歩く人が無いようで、近いうち廃道になりそうですね。

ちょっと切ないハイキングでした。


今回のルートです。






スポンサーサイト

両詰山-鷹谷砦

昨日(3日)は、新ハイキングクラブの山行に参加して奥秩父の両詰山(りょうつまりやま、790.9m)~鷹谷砦(たかやとりで、604m)を歩いてきました。

今回は登山口までは貸し切りバスで、前日の雪でバスが動くか心配でしたが、大丈夫でした。


今回のコースは、埼玉県小鹿野町日陰近くの登山口までバスで行き、尾根に取り付いて両詰山→出原嶺(ではらうね、857m)→鷹谷砦→国道299号の間明平です。

当初は、この逆コースの予定でしたが、雪の状況から両詰山の急坂の下りを避け、登りとしたためです。


朝7時30分に大宮駅東口に集合し、貸し切りバスで出発しました。

今回の参加者は43名です。

川越で関越道に乗り、高坂SA近くに来たら渋滞。

消防車3台と救急車が追い越して行きました。

高坂SAに入り、トイレ休憩の後に出発しましたが渋滞。

少し先で車5台が事故を起こしていました。

その後は順調に進み、登山口には10時30分頃に到着。

P_20180203_103930.jpg

準備をして、10時40分頃に出発しました。

アイゼンを付けようかと思いましたが、結構地面も見えていたので、取りあえず無しで。

しかし、すぐに地面は見えなくなりましたが、雪が軟らかいので、そのまま歩くことに。

P_20180203_114519.jpg


雪に靴を蹴込みながら歩きますが、これは疲れますねえ。

途中何度も滑りながらも両詰山に到着。

P_20180203_121509.jpg

展望はありません。

こちらは両詰山の三角点です。

P_20180203_121557.jpg


尾根を辿って出原嶺に到着。

P_20180203_130237.jpg

ここで昼食を摂りましたが、木の上から雪が落ちてきて大変でした。

この先は下りになるので、私はここでアイゼンを付けました。


1時間ほど歩いて662mのピークに到着。

送電線鉄塔のある所です。

P_20180203_135934.jpg

手前はちょっとした雪原です。

P_20180203_135916.jpg

両神山も見えます。

P_20180203_140129.jpg

両神山は、写真よりずっと大きく見えましたね。

南東方向の山並も綺麗でした。

P_20180203_140523.jpg


鉄塔より30分程で鷹谷砦に到着。

P_20180203_143200.jpg

頂上には、小さな山名板と祠と碑がありました。

ここは、戦国時代に北条方が赤平川沿いの街道を見張るために造った砦だそうで、甲斐の武田に備えたものだそうです。


鷹谷砦から下ると、墓場の脇に出ました。

P_20180203_145351.jpg

ここから国道299号はすぐで、国道を少し西に行った所でバスは待っていました。


約8km、4時間20分の、今季初めての雪山ハイキングでした。

天気は良く、風も無く、意外に暖かく、登りは暑い位でした。

雪遊びが楽しいのは子供も大人も変わりませんね(笑)


今回のルートです。


関八州見晴台-高山不動

昨日(14日)は、新ハイキングクラブの山行に参加して奥武蔵の関八州見晴台~高山不動を歩いてきました。

コースは、西武線・西吾野駅から車道を柏木まで行き、柏木尾根を飯盛峠(770m)へ登り、飯盛山(816.4m)に寄ったあと関八州見晴台(771.1m)→高山不動→萩ノ平→西吾野駅です。


朝8時30分に西吾野駅前に集合。

P_20180114_083618_HDR.jpg

駅前は他のグループや個人山行の人達で結構賑わっていました。

天気は良いのですが、ただ、ここは日陰になるので寒いです。

此処で受付などして8時40分過ぎに出発しました。

P_20180114_084325.jpg


先ずは高山不動への道標に従って車道を歩きます。

30分程歩いて1回目の脱ぎタイム(衣服の調整)。

右手に、地域の集会所のような建物があり、傍に小さな神社がありました。

P_20180114_091814.jpg

秋葉神社とあります。

その右側には古そうな馬頭観音が。

P_20180114_091850.jpg


柏木に到着し、飯盛峠への道標に従って柏木尾根に入ります。

P_20180114_093544.jpg


20分程登ると朽ちかけた鳥居があり、ここで2回目の脱ぎタイム。

P_20180114_095848.jpg

社は朽ち果てたのでしょうか?


更に30分程登った辺りで、数頭の猟犬が元気に降りてきました。

その後ろからハンターが3人。

鹿やイノシシを狙っているそうです。

その20分程後、銃声が3発聞こえましたが、仕留めたのでしょうか・・・?


上り詰めて林道に突き当たりました。

P_20180114_110436.jpg

上にガードレールが見える所が林道です。

左下の石仏は大日如来でしょうか、江戸時代の物のようです。


林道に上がり、左方向の飯盛峠へ。

5分程で飯盛峠に到着。

P_20180114_110953.jpg


飯盛峠から左へ5~6分で飯盛山に到着。

P_20180114_111624.jpg

飯盛山という山は付近に2カ所あるそうで、その1カ所です。

地図に三角点マークがあるので探しましたが見つかりませんでした。


飯盛峠へ戻り、昼食後、奥武蔵グリーンラインに沿って関八州見晴台に向かいました。

途中、両神山が良く見えました。

P_20180114_120801.jpg

やや右奥の山が両神山、左端は武甲山です。


北川尾根入り口の札もありました。

P_20180114_120109.jpg

上から見た北川尾根は険しそうに見えましたね。


関八州見晴台に到着。

P_20180114_122055.jpg

頂上にある高山不動の奥の院です。

P_20180114_122039.jpg

関八州見晴台からの富士山です。

P_20180114_122445.jpg

スカイツリーも良く見えたのですが、スマホでは写りませんねえ。

P_20180114_122828_HDR.jpg

他に、男体山や日光白根山など日光連山も見えました。


関八州見晴台から高山不動に向かう途中の小ピーク、丸山です。

P_20180114_124919.jpg


高山不動に到着。

P_20180114_130923.jpg

関東三大不動の一つ、立派なお堂です。

今回一番の危険箇所(笑)、お堂正面の足元の不安定な急な石段です。

P_20180114_131712.jpg

鎖の手すりを頼りに下ると、有名な大イチョウが。

P_20180114_131559.jpg

近づくと本当に大きいです。

P_20180114_131753_HDR.jpg


高山不動からは萩ノ平コースで下りました。

萩ノ平コースとパノラマコースとの分岐のお地蔵さんです。

P_20180114_135016.jpg

手前を左がパノラマコース、直進が萩ノ平コースで、直進しました。


萩ノ平の茶屋跡の傍を通り、朝通った車道へ出ました。

P_20180114_142341.jpg

橋の奥から出てきました。


そして車道を歩いて西吾野駅に戻ってきました。

P_20180114_144135.jpg

14時40分頃でした。


約15km、6時間のハイキングでした。

関八州見晴台は、日当たりが良くポカポカして、展望が素晴らしかったですね。

ただ、日陰に入るととても寒い一日でした。


今回のルートです。





権現山~犬目丸

昨日(10日)は新ハイキングクラブの山行に参加して、大月と上野原の間にある権現山~犬目丸を歩いてきました。

コースは、JR中央線・猿橋駅からバスで浅川に行き、沖之沢右俣左岸尾根を登り詰めて稜線に出、稜線を権現山(1311.9m)→浅川峠(867m)→扇山(1137.8m)→犬目丸(861m)→荻の丸(794m)→安達野バス停で、バスでJR中央線・四方津駅の予定でした。


朝8時に猿橋駅前に集合し、受付。

今回の参加者は、なんと49名でした。

バス待ち中は寒かったですね。


8時18分発の浅川行きバスに乗り、終点で下車。

準備して、8時55分頃に出発しました。

P_20180110_085433.jpg


6~7分歩いて尾根への取り付き地点へ。

P_20180110_090140.jpg


天気は良く、歩き始めは暖かく汗ばむ程でしたが、途中から強い冷たい風が吹いてきました。

急な尾根を、ときには四つん這いになりながら、ひたすら登り詰めて稜線に出ました。

P_20180110_103609.jpg

稜線は穏やかでしたね。

稜線を右手の権現山へ。

奥に見えるのが権現山です。


権現山への道は落葉した林で、明るい道でした。

P_20180110_110251.jpg


浅川峠への分岐にでました。

P_20180110_110628.jpg


権現山へ到着。

P_20180110_111408.jpg

権現山頂上からの富士山です。

P_20180110_111339.jpg

雲がかかっているのが残念ですが。

こちらは権現山の三角点です。

P_20180110_111430_HDR.jpg

権現山の頂上付近で昼食の後、浅川峠へ向かいました。


先程の分岐まで戻り、浅川峠に向かいます。

P_20180110_114421.jpg


長い下りの後、浅川峠に到着。

P_20180110_123150.jpg

尾根を登って曾倉山に到着。

P_20180110_124736.jpg


そして急坂と冷たい強風に喘ぎながら扇山に到着。

P_20180110_132936.jpg

あんなに冷たい風が吹いていたのに、扇山の頂上はポカポカでしたね。

頂上からの富士山、雲が多くなってきました。

P_20180110_133013_HDR.jpg

一休みの後、犬目丸に下ります。


犬目と鳥沢の分岐です。

P_20180110_135048.jpg


見晴台方向へ。

P_20180110_140147.jpg


その見晴台と思われる所に犬目丸の山名票が。

P_20180110_140827.jpg

でもGPSとは位置が違うような・・・・

GPSでは少し先のこの辺りが犬目丸ですが・・・・

P_20180110_141555.jpg

ここは展望が無いので、展望のある先の場所に山名票を付けたのでしょうかねえ(笑)


少し歩いて荻の丸です。

P_20180110_142855.jpg

此処も展望はありません。

ここから安達野バス停に下ります。


途中、金比羅社がありました。

P_20180110_144135.jpg

同行の人によると、元々ここには神社があったそうで、付近に神社の残骸らしき物がありました。

金比羅社の傍に立つ道祖神です。

P_20180110_144123.jpg


この辺りでスマホの電池が切れたようで、15時丁度位に安達野バス停に着いたときに気づきました。

直ぐにモバイルバッテリを繋いだのですが、何故かスマホは立ち上がりません。

仕方ないのでそのままに。

バスには1時間45分もあるので梁川駅まで歩くことに。

コースは、安達野バス停→犬目→大田→大田峠→梁川駅です。

梁川駅に着いてスマホをいじっていたら、ギクシャクな動きながら立ち上がりました。

それで梁川駅を撮影。

P_20180110_161538.jpg

時に16時15分でした(笑)


GPSのログに残っている距離と時間で11.3km、5時間50分、残っていない部分を含めると約17km、7時間20分のハイキングでした。

権現山と扇山の登りは急坂と冷たい強風で少しきつかったですね。

でも道が凍結していなくて良かったです。


今回の(スマホが生きていた)ルートです。





明星ヶ岳~明神ヶ岳

昨日(7日)は新ハイキングクラブの山行に参加して、箱根外輪山の明星ヶ岳~明神ヶ岳を歩いてきました。

コースは、小田原駅から桃源台行きのバスで宮城野橋バス停下車、ここから明星ヶ岳→明神ヶ岳と歩き、最乗寺へ下る予定でしたが、最乗寺への道は北斜面で凍結と泥濘で時間が掛かるということから宮城野へ下りました。


小田原駅9時5分発の桃源台行きバスに乗り、宮城野橋で下車。

此処で受付。

今回の参加者は31名だったのですが、山道に入ってすぐに1名が体調不良で帰られたので30名となりました。


10時少し前に宮城野橋を出発。

振り返っての宮城野橋です。

P_20180107_095900.jpg


別荘地を通って登山口へ。

15分程で登山口に到着。

P_20180107_101546.jpg

ここから山道ですが、1回目の脱ぎタイム(衣服の調整)です。


気温が低い予報でしたが、天気は良く、風も無かったので冬とも思われぬほど暑く、脱ぎタイムを2度とりましたが、たっぷり汗をかいて、やっと開けた所に出ました。

P_20180107_110649.jpg

明星ヶ岳の大文字の所ですね。

富士山、今年は雪が少ないようですね。地肌が多いです。


更に笹の中を登って、明星ヶ岳と明神ヶ岳の分岐に出ました。

P_20180107_111917.jpg

先ずは右手の明星ヶ岳へ向かいました。


明星ヶ岳は1~2分程の所でした。

P_20180107_112402_HDR.jpg

案内板のすぐ上に御嶽大神の碑と祠がありました。

P_20180107_112412_HDR.jpg

その脇には古そうなお地蔵様が。

P_20180107_112250.jpg

いいお顔です。


先の分岐まで戻って昼食を摂り、昼食後に明神ヶ岳に向かいました。

途中、富士山が良く見えました。

P_20180107_124022.jpg

こちらは大涌谷の噴煙です。

P_20180107_124851.jpg

何時もより多いようです。


最乗寺への分岐です。

P_20180107_131749.jpg

当初は此処から下山する予定だったのですが・・・


明神ヶ岳に到着。

P_20180107_132931.jpg

素晴らしい眺望でした。

明神ヶ岳の案内板です。

P_20180107_134514.jpg

明神ヶ岳では三角点を探したのですが見つけらませんでした。残念。

こちらは明神ヶ岳から下り始めた所から見た相模湾です。

P_20180107_135003.jpg

相一望ですねえ。

海よ~、俺の海よ~~って、心は加山雄三か?(笑)


最乗寺への下山を断念したので、宮城野へ下ります。

P_20180107_142252.jpg


下って、右の方から出て来ました。

P_20180107_152053.jpg

この後は別荘の脇を通って宮城野バス停へ。


宮城野バス停に到着。

P_20180107_153902.jpg


約11km、5時間40分のハイキングでした。

しかし、到着が丁度バスが行った後で、次のバスには満員で乗れず。

その次のバスは時刻表より大分遅れて到着。

私は何とか乗れたのですが、積み残しも。

乗れたのはいいが、満員で大渋滞。

山は眺望良く、大満足だったのですが、帰りのバスが一番疲れました。

休日の箱根は避けるべきですかねえ・・・・


今回のルートです。



プロフィール

いの

管理人:いの
性  別:男
生産地:広島県
生息地:埼玉県、時々千葉県

小学生の頃にハゼ釣りから釣りを始め、フナ釣り、ウナギ釣りなどをやり、途中で興味を失った時期もありましたが、その後、投げ釣り、黒鯛のヘチ釣りなどを経て、今は主に沖釣りを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ユーザータグ

浅草釣具 舟木一夫 広島 カープ とみ丸 マダイ ヤリイカ 喜美丸 秋元順子 神田釣吉  樫木裕実 カーヴィーダンス クッションゴム 平賀マリカ 石松 若宮例会 ヒラメ 大吉丸 

訪問者数
いのの釣り日記バナー
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。